読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心騒ぎを奏でるクレッシェンド

嵐とKinKi最高!twitter→ @kurukuru_mo

twitterやInstagramの闇

私は5月から6月にかけてとても気分が落ち込んでいた。

理由としては1つ前の記事に書いた
東京に来ても何も変われない自分に対しての虚無感だった。

そしてその虚無感はtwitterInstagramで膨らんだ。
私の高校の同級生が大学の友達と楽しそうにしていたり、何か希望に満ち溢れたようにしていたり、何かに打ち込んでいたり そういったことが伺える様子がtwitterInstagramにどんどんアップされた。
その様子を見て私は焦った。
私には今何も目標などない。
むしろ目標が達成されて
燃えついてしまったという部分もある。
淡々と日常を過ごしているだけ。
でも、どうしていいのか分からない。
そうこうしているうちにもどんどん高校時代の同級生達がtwitterInstagramに楽しげな写真を載せる。既に心の友を見つけたようだ。
ますます焦った。
取り残された気分だった。
もう誰も私のことなんて気にしている人などきっといない。

巷にはFacebook鬱 という言葉があるらしい。
私はFacebookをしたことがないので分からないが、きっとそれと同じような感覚だと思う。


この記事を読んでいる人は
『そんなにSNS見て疲れたり落ち込んだりするならtwitterとかInstagramとか開かなければいいじゃん!』そう思うかもしれない。 
実際私もそう思う。
でも、それが出来ない。
焦りや取り残されているかのような不安を感じるので周りが気になって仕方なくなってしまうのだ。
高校時代人気者で他の高校にもたくさんファンがいるような子だった同級生のtwitterを覗いてみると、大学でも全く高校と同じようにキラキラしてるし夢に向かって頑張っている。

自分の中に産まれた虚無感がSNSによって膨らみ、その膨らんだ虚無感と焦りと不安のせいで周りのことが気になって仕方なくなり、ますます焦る。そんな無限ループだった。

そんな時 とある本に
『隣の芝生は見るな』と書いているのを見た
いやいや、それが出来たら悩んでないよ
そう思ったが
私も人に羨ましがれる事があることを思い出した。その度に何も言わないだけでそんなことないよ、全然貴方が思うような私じゃないよ なんて思ったりもするが、
私の芝生を青いという人もいる。
私が羨ましいと思っているあの子も実は私のように何かを抱えて悩んでいるのかもしれない。
結局は隣の芝生はきっといつでも青いのかもしれないと思った。


今は その状態から完全に脱却出来たという訳ではないが、前よりは全然落ち着いている。
こんなことで悩むなんて自分でも情けないが、もっと自分と向き合ってこの感情をどうか完全に昇華させていきたい。

東京に来たら何かが変わると思ってた。

“  東京に住みたい!  ”

幼い頃からそう思っていた。
私の父が旅行が大好きでほぼほぼ年に1度は旅行に連れて行ってもらっていた。そのプランは最初は関西に2日滞在し、そこから新幹線で東京に行き3日ほど滞在するというのが決まったパターンだった。

旅行で東京に行くと、そこには高層ビル、めまぐるしいほどのたくさんの人、テレビでよく見る渋谷のスクランブル交差点、ハチ公、街中にある巨大な看板広告、ティッシュ配りのお姉さん、suicaでスイスイ〜っと改札を通り抜けていく人々。何もかもが新鮮な景色で、私には何もかもがキラキラして見えた。
絶対いつか東京に行く。
そういう思いが私の中に湧いていた。

そして、今 私は東京に居る。
しかし、あの頃の思いはもう何も無い。
あんなに大好きだった電車も、あんなにキラキラして見えた新宿も、渋谷も、 今は何も思わなくなった。
あの頃の思いが無くなった代わりに、私の中に大きな虚無感が生まれた。

私は、東京に来たら何かが変わると思っていた。
けれど現実は違かった。

逆に、自分がちっぽけで、
こんなに可能性のある、活気ある場所に来ても
変わることができない奴だ。という現実を突きつけられた。

キラキラしている人はどこにいったってキラキラしている。場所なんて関係無い。
それも痛いほど知った。


私は漠然と何かが変わると思っていたが、
そんなことがある訳がない。
そもそも私は具体的に何がどう変わるのか
考えていただろうか?
自分でもその 何か が何なのかはっきり分からない。

でも、今分かることはただ1つ
全て自分次第ということだけだ。


私が東京から出て故郷に帰る頃には
東京が以前よりも大好きな場所になるように、
故郷に帰るのが少しだけ寂しいと言えるように、
私の大好きなこゆりさん(@koyukoyukoyuri)が放った “ 東京はいい街です。だいすき。お酒も、コーヒーも、かわいいお洋服も、明るい夜も、大笑いのネタも、恋の思い出も、なんでもある。たぶん死ぬまで好き ”
というような素敵な言葉が私も自然に溢れ出るように、
自分の手で毎日を変えて生きていこうと思う。


嵐ヲタがKinKi Kids沼に落ちるまで。

あれは丁度大学受験を終えた頃だった。


やっと大学受験が終わったという嬉しい気持ち、思うような点数が出ず悔しい気持ち、本当に受かるのだろうかという不安な気持ち。色々な気持ちを抱えながら、合格通知が来るまでまだ安心できず 思うようにはっちゃけられない悶々とした日々が続いていた。

『受験が終わったら、受験勉強で見れなかった嵐の番組を思いっきり見てやる!!』

そう思いながら勉強に励んでいた私は、早速嵐の番組を見始めた。


一日中部屋にこもって画面の中の嵐とtwitterを往復する日々。

そんな時twitterで何かに萌え死んでいる人たちが何人か私のTLに流れてきた。

どうやら『 KinKi Kidsのブンブブーンという番組で堂本剛さんが、堂本光一さんに少し早めの誕生日プレゼントをサプライズで贈った事実に対し萌え死んでいる人たち 』らしい。

その時の私は何を思ったのか気がついたらこの回の動画を探して見ていた。簡潔に言うと、非常に萌えた。


私は元々KinKi Kidsが大好きだった。

私は当時3歳くらいであったがそれでもKinKi Kidsが非常に大好きで、幼いながら堂本光一さんを見て王子様だと思っていた。

しかしKinKiをテレビで見る機会があまり無くなり、いつしかそのような気持ちも忘れていた。

そうだ、忘れていただけで、元々好きだったのである。

萌えないわけがない。


が、この時点ではまだKinKi沼に落ちてはいない。



それから何日かたつと受験が終わるまで我慢!!と思って見なかった嵐の番組も底をつきた。

そこで私は嵐の動画をあさることにした。

しかし動画もどれも見た事があるものばかり。そこで私は検索欄に 『嵐 SMAP』と打ち込んだ。そう、私は先輩と絡む嵐が大好きなのだ。検索をかけると色々出てきたのでそれを見た。その後『嵐 TOKIO』 『嵐 V6』とどんどん検索を続けては動画をあさぐりまくった。


そして『嵐 KinKi Kids』と検索した時の事だった。

あれ??これだけ??え?

嵐とKinKiが絡んでる動画がとてつもなく少ないのである。

嵐とKinKiの絡みを見る気満々だっただけに残念だった。 私はなんとなく『KinKi Kids』とだけ検索してみた。すると、1番上に

KinKi Kids2010-2011 〜君も堂本FAMILY

という動画があった。


この画面を見た瞬間私はヤバイ!と思った。                  

この動画を見たら絶対ヤバイ、二度と戻れないと本能が悟った。   しかし、私はこの動画を開いてしまった。(麻薬じゃないんだから、、と我ながら思うが本当にこういう感じだった)



壮大な音楽が流れ始める。

まだKinKi Kidsは登場していないにも関わらず早くも私は心拍数がとても上がったのを感じた。

そしていよいよ登場するKinKi Kids

ゆっくりゆっくりと移動し、

中央のステージで2人が合流し、そこからまた2人揃って横並びに、同じ歩幅で歩き出した。

それはあまりにも美しく、壮大な景色で私はこの時点で泣きそうだった。

息をするのも忘れる程だった。

すると Family〜ひとつになること  という曲が流れ始めた。

神々しかった。

始まってからここまでのこの数分でKinKi Kidsというグループに対し私の中で畏敬の念さえ生まれた。


すると 突然パイプオルガンのような音で始まるイントロが流れ先程とは全く違う曲調の曲が流れた。

この曲が始まって私は レイコンマ1秒で恋に落ちた。

そう、スワンソングである。

苦しかった。

向かい合いながら歌っている2人を見て私は胸が締め付けられる思いだった。

するとその後!2人ががっちり手を合わせたのである

死ぬと思った。いや、本気で。

死ぬんじゃないかと本気で思うくらい衝撃的で美しく、2人にしかない世界がそこにはあった。

その後もデビューしてからいままでの間全く色褪せてないどころか進化し続けている『硝子の少年』、あまりにも話が長い(褒めてます、もっとやれ。)MC。

KinKi Kidsヒットメドレーが終わったかと思えば、これでもかというほどアイドルを見せつけられる怒涛のアイドルメドレー。(←ここでまた死にそうになる)そしてアイドルメドレーが終わったかと思えば急にギターをかき鳴らす2人。

♩僕ら〜は人を好きになってく君も笑顔も涙も

というフレーズを聞いた時とても懐かしい気持ちになった。

そしてまた次の曲が始まった。 衝撃だった。本気で泣いた。こんなに歌を聴いて心が揺さぶられたのはいつぶりだろう。さっきまでのアイドルすぎるほどアイドルだった2人はどこへやら。画面の中に見える2人は私が知っている誰よりもアーティストだった。 そして後日、この曲は堂本光一さんが作詞、堂本剛さんが作曲をした共作曲であることを知った。 こんなに人の心を揺さぶる曲をアイドルである彼らが作って、こんなに人の心を揺さぶる歌を歌えるKinKi Kidsは最強だと思った。 


 私はこの KinKi Kids 2010-2011 〜君も堂本FAMILY〜  のライブを見てレイコンマ1秒で沼にすっぽりハマってしまった。それからは毎日毎日狂ったようにこのライブを見ては毎日泣いて、飛ぶ鳥を落とす勢いでKinKi Kidsにハマった。

 その後、嵐とKinKiを掛け持ちしてもいいのか?と掛け持ちをすることに対し罪悪感が生まれたりなんやかんやあったりしたが、優しい先輩ヲタからの支えもあり今は無事、嵐とKinKiを掛け持ちし、最高に幸せなヲタライフを送っている。 



櫻井翔さんが以前アブナイ夜会で言っていたこの言葉が今になって本当に身にしみる。

ー  人生って分からない。